【疑いの目で】ランドネットセミナー【参加してきた】

この記事は約2分で読めます。

胡散臭い商売が溢れている(ように感じてしまう)この世の中で。
先入観から解放された先にある楽しさを見つけるために、無料セミナーに参加してきました。

ランドネット
失敗しない!あなたのための資産づくり~区分マンション投資が初心者におすすめの理由教えます~

不動産投資の目的

不動産投資の嘘

不動産投資の目的としてよく言われているもの
1私的年金
 公的年金が期待できない(15万円不足:2,000万円問題の場合)
 家賃収入が6万円の物件を3つもって置けば大丈夫
→嘘っぱち
 新築・築浅の稼働期は安定して家賃が入っていく
 安定稼働期(10~30年):市場で人気、ここも多分大丈夫
 築古稼働機(30~60年):この期間大丈夫・・?

2節税効果
 人によって効果に差がある
 不動産投資:総合課税
  額面上の給与所得を下げることができる
  冬のボーナスにアドオン的な感じ
→嘘っぱち
 黒字になってしまう。減価償却が5年ほどで終わってしまうため

3保険効果
→大丈夫?
 団信は生命保険料控除の対象外
 金利の上乗せ(保険料の総支払額が高くなりがち)
 補償内容が薄い

嘘ばっかり!じゃあなんで持つの?

じゃあなんで持つの?:お金を借りて投資するため。
 含み益を狙うべき=資産価値が下がりづらい物件を選ぼう

含み益って?
今:3000万円の不動産ー3000万円の負債
10年後:2000万円の不動産ー1500万円の負債(家賃が入ってくるから)
この差額500万円を、いくらで作り出すかがポイント

銀行の評価額:手取り家賃/3.8%(都内の一番いい土地jの場合)
 管理費・修繕費:修繕費は国交相目安で平均200円/m2(30年間で月平均5,000円)
 共益金

気分を一新しよう

よく考えれば思い至ること

長期保有で利益が出続けるなら、ディベロッパーが売るはずがない
 売って買ってを繰り返して儲けていくべき
 なぜ個人が儲けづらいのか:不動産価格が高すぎるから。損益分岐点がどこにあるかを把握して
 故に、業者を選ぶときは”ちゃんと売り抜く”ことができる業者を選ぶべき
 売り抜け目安:10年で10%(2,500万円の物件を10年後に売却し、250万円手元に残る)

ランドネットの特徴

長期保有・年金目的の不動産投資会社が多い

販売会社に卸す会社だった
:2年前に販売部ができた。

LANDNET
:築30年より前に不動産売却を勧めている
 ローンが満額で出なくなる可能性がある

売り抜けを想定、ポートフォリオ的に持つべき