Yahoo! アフィリエイトサイト広告掲載NGに!?

この記事は約2分で読めます。

Yahoo!における広告掲載基準「広告の有用性について」判断基準変更のお知らせについて、簡単にまとめました。
リリース元はこちら

内容

概要

ユーザーの利便性向上&広告掲載面の品質向上に向け、広告の有用性に関する判断基準が変更となりました。
一部のサイトを除きアフィリエイトサイトに代表される成果報酬型サイトが下記(2)に該当するものとして広告掲出できなくなります。

判断基準の文言は下記のまま、変更はないそうです
(1) 広告主による独自のコンテンツが乏しいもの
(2) アービトラージサイト等、第三者のサイトへのリンクや広告が多数掲載されているものや、広告のクリック等をさせることを主目的としているようなもの
(3) 正確性・信憑性に欠けるもの
(4) その他、ユーザーにとって有用性の低いもの

対象プロダクト

Yahoo!に関する全プロダクト、だそうです。
スポンサードサーチ(リスティング広告)もYDNも、Yahoo!DSPも純広もYJAXも、です。
もともとYJAXや純広には出てなかったと思われますが。。

時期

2019/5/8リリース、2019/6/3適用開始

補足:一部サイトって?

いわゆる、大手の(事業者が関わっていて、トラフィック量の大きい)サイトだそうです。

個人で運用しているような広告がいっぱい貼り付けてあるサイト・・は極端な例ですが、いわゆるアフィリエイトブロガー潰しですね!

考察

生活者目線と広告出稿企業目線の2つに同時に対応した基準変更だと考えられます。
広告出稿企業の要望を汲んだ施策が、生活者にもマッチした感がありますが・・

生活者目線では、特にリスティング広告の企業名や商品名検索時に顕著な影響があります。
すなわち、誤認誘導(クリック)の事前阻止です。
検索した結果よくわからないサイトに飛ばされる、すぐに戻って別のリンクをクリック・・といった、無駄な一手間を減らすことができます。

広告出稿企業目線では、ブランドセーフティ・過剰競争防止の2つに寄与しています。

ブランドセーフティについては、①アフィリエイトブロガーサイト=低質サイトとすると、そこへの広告掲出を予防できる、②複数のYDN枠がある通常のサイトやリスティング広告で、アフィリエイトブロガーサイトの広告=低質な広告との同時掲出を防ぐことができる、というメリットがあります。
公式広告との誤認防止も果たしてくれます。

過剰競争防止では、特にリスティング広告における入札単価の抑制に寄与する可能性があります。
もともとYahoo!は商標に対し理解のあるプラットフォーマーですが、一部広告主の入札まで防ぐ、というさらに厳しい基準を設けたことにもなっています。