登録女性の年齢と交際率@日本結婚相談所連盟IBJS

この記事は約4分で読めます。
日本結婚相談所連盟

柴田理恵さんがイメージキャラクターとして就任している、日本結婚相談所連盟。

登録会員数は6万6千人を超えていて、毎月お見合いは3万件以上・・

で、実際年齢層はどうなの?
どれくらいの人がうまくいっているの?

そんなことを、調べてみました!
利用者ですから、私。検索できるんです、登録している人の情報を!!

検索のための事前情報

検索できる条件って?

詳細はこちらの記事をご確認ください。
基本的に、登録されている情報は全て検索できるようになっています。

今回はこの中の、年齢(下限なし・20歳〜70歳・上限なし)を使って、女性の構成比率を出してみました。

いつのデータを基にしてるの?

2020年1月のデータを使っています。
婚活市場を考えると、その時から大きな動きはないと思われますが、必ずしも現状と一致するわけではないことご承知おきください。

まあ、たとえ32歳の女性が約1,300人いようとも・・全員と会うことなんてできないことを踏まえると、まあ十分な人数がいるなぁ程度の認識で大丈夫です。

女性側からしてみれば、ライバルになりうる人数が把握できるわけです。
とはいえそれぞれタイプが違うと思われますので(セクシーなの、キュートなの・・ではないですが、求めているものや提供できるものなど)、参考程度にして頂ければと思います。

データを見るときの留意点

あくまでも、今、登録している人の情報です。
成婚し退会した人の情報はわからない(口悪く書くと、売れ残っている人のことしかわからない)のでご注意ください。

どんな年齢層の人が多いの?

年代で見た場合

30代がボリュームゾーンで、40代、20代と続いていきます。
全体の50%を30代が占めるということで、婚活のボリュームゾーンがわかるわけです。

とは言え50代以降も比較的いらっしゃるので、また違った家族の形も生まれているんだと思います。

アラウンド(年齢層)で見た場合

子供について考える場合、年代よりもアラウンドの概念が合うのかと思い出しなおしてみました。

先ほどは30代がボリュームゾーンでしたが、実はアラフォーが44%と最も多いという結果でした。
24歳以下はほとんどいないですね。まあ初期費用で10万円はかかるようなサービスなので納得感はあります。

年齢別に細かくみると?

ボリュームゾーンについてみると、32~39歳のあたりが多い、というデータが出ています。
このボリュームが、翌年そのまま右にシフトするのか、あるいは流入と流出(結婚)のバランスでこの形を保つのかは定かではありません。

真剣交際(カップル)率ってどうなの?

年代で見た場合

活動している会員の数がわかるので、実は真剣交際しているであろう会員おかずも分かってしまいます。

婚活における真剣交際=通常世界における彼氏彼女の状態、です。
相手を一人に絞って、真面目なやり取りをしています。エッチはダメです。ルール上。

交際率ですが、20代では10.7%、30代で7.5%と右肩下がりになっています。
ただ、交際している人の数が少ないのか、年齢が上がるほど真剣交際期間が短くなるのかはわかりません。
極端な話、20代の真剣交際の平均期間が3ヶ月、30代の真剣交際の平均期間が2ヶ月ちょっとであれば、実は真剣交際率は同じくらいです。

アラウンド(年齢層)で見た場合

アラウンドで見たときも同様の傾向を示すようです。

ただし、アラサーについては希望を持てる結果が出ています。
なんと9.1%が真剣交際中、アラサー状態であればゴールは早いかもしれません。

かも、です。

年齢別に細かくみると?

年齢が上がれば上がるほど若い人たちとの競争が苛烈になるため、真剣交際比率は下がりがちになります。

33歳で極端に落ち込むのは・・正直理由が謎です。

32歳・34歳と比べて統計的な誤差があるとは言えないので【ぶれ】ではあるのですが、もしかしたら選びすぎて決めきれない、魅力的すぎてオファーがいっぱいくる、仕事が忙しくお見合いに手が回らなくなりがちな年齢なのかも、なんて考えてしまいます。

まとめ

30代・アラフォーアラサーがボリュームゾーン、20代は少ないが50代以上も5,000人以上存在

真剣交際比率は若いほど高い。アラサーで9.1%。