【婚活エコシステム】IBJSとJBA【比較】

この記事は約3分で読めます。

よく似た名前の2つの婚活システム

IBJS(日本結婚相談所連盟。IT Bridal network of Japan System)
JBA(日本結婚相談協会。Japan Bridal Association)

二つとも違っている私の視点で、共通点と違いについてまとめました。
調べれば出てくるような内容から、使ってないとわからないことまで。
どちらを選ぶべきか、参考になればと思います。

婚活システム/流れについて

運営母体と仲人さん

運営母体について

IBJS/日本結婚相談所連盟は、『株式会社』IBJが運営しています。
一部上場企業の株式会社が運営しているため、企業としての理念・株主や利用者に対する利益還元という姿勢が明示されています。
代表のメッセージがかっこいいです。

IBJの社長が、マネジャーが、一人ひとりの社員が、想像し創造する。革新と挑戦を続ける。DNAは継承され、企業文化となり、会社全体が当たり前のように革新と挑戦を繰り返して、世の中に新しい価値をもたらしていく会社であり続けていく。その積み重ねが、企業の礎となり、気がついたら100年企業として社会に貢献していたい。

〜中略〜

<ご縁>によってIBJのサービスをご利用いただいている法人・個人のお客様、私どもを支援してくださる株主の皆様、ぜひIBJという会社に、お一人おひとりの共感と期待を頂戴したいと思います。

創業は2006年、チャレンジを繰り返してきた会社です。
後述しますが、システムの使いやすさもチャレンジ精神やそれを後押ししやすい企業文化の表れなのではないかと思っています。

一方、JBA/日本結婚相談協会は、『一般社団法人』日本結婚相談協会が運営しています。
一般社団法人と聞いてそのままのイメージの、比較的硬派なプラットフォーマーです。ですので、向いている方向が株式会社とは異なります。

代表のメッセージですが、書き出しは

日頃は加盟相談所並びに加盟会員様にはJBAの活動において ご協力いただき誠にありがとうございます。

といったもので、自分たちを使ってくれている人への感謝と今後ともよしなに、といった感じで、どこに向かっていくのか、どうしたいのかといった話はほとんど出てきません。よく言えば、安定しています。

仲人さんについて

2018年実績で、仲人さん登録社数は
IBJSは2,000社
JBAは1,600社
だそうです。

多い少ないはもちろんあるのですが、探せばいくらでも出てくるのでこの差は別段気にするところではありません。

ただし、非公開情報ではありますが、仲人さんの数が伸びているかどうか、すなわち、今勢いがあるのかどうかは気をつけた方がいいかもしれません。
仲人さんがたくさん入る=婚活したい人の目に触れる可能性が増える=人が入ってきやすくなる、だったり、
仲人さんがたくさん入る=仲人さん同士の交流が盛んになる=お見合いの推薦数が増える、だったりするためです。