婚活体験談|失敗談(9-10)

この記事は約6分で読めます。

あれ人生最大のモテ期?
勘違いに溺れてしまったわたくしです。よくないことです;;

IBJのシステム上で50人以上の方とお会いした私(男性)がやらかした失敗を共有します。

皆さんは、やらかさないようにお気を付けください。

失敗9 飲み物を飲むペースを間違えた件

なにこのコーヒーおいしい!!

お見合いは、タリーズやサイゼリアでは行いません。
タリーズのコーヒーも、サイゼリアのミラノ風ドリアも好きなんですが、TPOをわきまえた時の初対面の場はそこではダメだそうです。

まあ、周囲がざわついている上に知り合いがいるかもしれないという意味で避けるべき、という考えはよくわかります。

というわけで、お見合いはシティホテルのラウンジが基本で、ホテルの上のフロアのカフェ、なんてことも多いです。
※自分で指定したり、相手に指定されたりします。基本的に申し込まれた側に選択権があるので、候補日程を返すときに場所まで指定するのが楽です。

ラウンジでの飲み物は・・場所とホテルの格式にもよるのですが、安くても1,000円、高いと1,500円ほどします。
1杯1,500円のアイスコーヒーです。

初めてのお見合いの最初の1杯、正直、めっちゃ美味しかったです。
もちろん、緊張して喉が渇いていたのもあるんですが。

アイスコーヒーと紅茶、最大の違い

もちろんホテルによってグラスや氷などは異なりますが、まあどこにいったってアイスコーヒーはこんな見た目をしています。

一方のホットティーは、ポットなど見た目に差があれ、こんな感じで出て来ます。

アイスコーヒーとホットティーの最大の違い、それは、残量が見えるかどうかです。

※加えて、ホテルによってはホットティーはお代わりを持って来てくれることもあるため、の見ごたえも全然違います。お見合いの1時間の中でお代わりまで至ることは稀ですが・・

残量が見えない相手と戦うのに、自分の残量は見せてしまう。
これは、正直不安で仕方のないことです。。

先に飲み終わってしまった場合、相手が飲み終わるのを待つかどうか考え始めてしまう。
先に飲み終わることで早く話を終えたいという意思表示になってしまうのではないか。
相手が先に終わるとこちらは急いで飲むかどうすべきかを考えなければならない。。

お見合いなので、考えることは極力自分と相手のことに絞りたいわけです。
雑念、排除しましょう。

ちなみに私は開始から30分くらいで飲み終えてしまい、その後はひたすら水を飲んでました。気まずかったです。

失敗の原因と教訓

要約
ホットティーを頼んだお見合い相手に対し、ハイペースでアイスコーヒーを飲み、先に飲み終えてしまったため少し気まずかった

原因
相手の残量がわからず、かつ残量をさほど気にせず自分のペースで飲んでしまったこと
初めてのお見合いで舞い上がっていたこと

教訓
アイスコーヒーは相手が頼んだときに合わせる、程度の使い方をする
お茶もおいしいのでこの機会に開拓していく

失敗10 腕時計を忘れた件

時間配分・・時間は?

お見合いにおいて、開始時間と終了時間は重要な意味を持ちます。

なぜなら、相手にも自分にも、次の予定がある可能性が高いからです。

今日はお見合い3連荘、そんな土曜日もさして珍しいものではありません。

ですので、幸か不幸か設定されている”お見合い時間は1時間前後で切り上げよう”という目安は、従うべきマナーです。

1時間という時間ですが、話している相手と自分のリズムによって体感時間は大きく異なります。
楽しい時間ってあっという間で、そうじゃない時間って結構長いですよね。そんな感じです。

ですので、正確に時間を知りたければ、時計を見るしかないわけです。

で、その時計ですが・・ホテルのラウンジなんて場所に時計はありません。
なぜかはわかりませんが、壁掛け時計なんて置いてません;

つまるところ、自分か相手の手持ちの時計を見る必要があるわけです。

今回は、腕時計を忘れた私の話です。

スマホを見る口実を作るのに夢中

時計を忘れた私にとって、時間を見る手段は、自分のスマホを見るか、相手にそれとなく時間を指摘してもらうかの二択しかありません。

相手に任せることも選択肢ではあるのですが、ここで、初対面のお見合い、という状況が話をややこしくします。

時間を尋ねるという行為

そろそろいいんじゃないかという意思表示

と受け止められてしまう可能性があるのです。

まだ30分しか経ってないですね、なんて言われた日にはもう目も当てられません。
どんなに気に入っていたとしても、です。

そこで、相手任せは最終手段として、自分で時間を見るための方法を考えに行きます。
スマホをみてしまうのが手っ取り早いのですが、状況が状況ゆえに、

スマホを見る

もはや初対面の自分に興味がない

と受け止められるリスクがあるのです。

・・。

考え抜いた末に、相手を不愉快にさせずスマホを見る方法を打ち出しました。
それが、旅行の写真を見せる、というものです。

こんなところに行ってきたんだよね、そうだ、写真見せるね!

そんな流れです。
相手には、こいつなんども写真見せてくるなぁと思われたかもしれませんが・・。

失敗の原因と教訓

要約
腕時計を忘れた結果、お見合いは初回1時間、の1時間がわからなくなり、自然にスマホを見るための話をしなければならなくなった

原因
時計を忘れたこと

教訓
スマホがあるから時計は不要、は、お見合いにおいては成立しない可能性が高い(マナー的に)

失敗談まとめ

失敗談1-8

過去記事(失敗1-2)はこちら
失敗1:登録直後、楽しくなってしまいたくさん申し込みした件
失敗2:ブースト機能を舐めていた件

過去記事(失敗3-4)はこちら
失敗3:ダブルブッキングをひたすら回避した件
失敗4:結果的に1日で最大何件までお見合いできるか試してみた

過去記事(失敗5-6)はこちら
失敗5:お見合いとお見合いの時間間隔を攻めた件
失敗6:誰が誰だかわからなくなってしまった件

過去記事(失敗7-8)はこちら
失敗7:お気に入り機能を乱発した件
失敗8:チャックが開いていた件

失敗談9 飲み物を飲むペースを間違えた件

要約
ホットティーを頼んだお見合い相手に対し、ハイペースでアイスコーヒーを飲み、先に飲み終えてしまったため少し気まずかった

原因
相手の残量がわからず、かつ残量をさほど気にせず自分のペースで飲んでしまったこと
初めてのお見合いで舞い上がっていたこと

教訓
アイスコーヒーは相手が頼んだときに合わせる、程度の使い方をする
お茶もおいしいのでこの機会に開拓していく

失敗談10 腕時計を忘れた件

要約
腕時計を忘れた結果、お見合いは初回1時間、の1時間がわからなくなり、自然にスマホを見るための話をしなければならなくなった

原因
時計を忘れたこと

教訓
スマホがあるから時計は不要、は、お見合いにおいては成立しない可能性が高い(マナー的に)