婚活体験談|失敗談(1-2)

この記事は約6分で読めます。

お見合いに緊張する、ということは特段ない、ないはずなのですが、綺麗な方にニコニコしながら見つめられるとどうしたらいいのかわからない、という欠点を持つ私です。

IBJのシステム上で50人以上の方とお会いした私(男性)がやらかした失敗を共有します。
今回は、開始早々、会う前段階の失敗についてです。

皆さんは、やらかさないようにお気を付けください。

失敗① 登録直後、楽しくなってしまいたくさん申し込みした件

え!?なんでこんな綺麗な人が!?

夜のお店のイメージ写真だったり、ティンダーのようなアプリだったりすると、基本的に加工されていることが前提の可愛さだったり美しさが見て取れるじゃないですか。

基本的に、そうじゃないんです。

プロのカメラマンが光や焦点、オプション的な物(家具、椅子、花束など)や風景(スタジオ内だったり外だったり)に絶妙な注意を払い、撮影の際には綺麗な衣装とお化粧をして・・・・
そんな感じで、割とお会いした時そのままに近い形で、条件にあった女性がいっぱい出てきます。

いっぱいです!!!

見て取れるように淡い色、斜め方向、やや上から撮影なんてパターンが多いのですが、そんなことは抜きにして!
多くの方がすごく美人、ないしめっちゃかわいい!!!

見ているだけなのでまだ何も始まってはいないのですが、テンションを上げるなという方が無理な話です。

検索すごい!めっちゃ絞れる!すごい出てくる!

登録順で見ていこうとすると、下は20歳から上は60歳超えまで、日本全国の方が順番に並ぶのですが、さすがにそれはわけがわからないというもの。

しっかりと検索で絞り込む必要があります。
上から見てるだけでも楽しめますが、目的は楽しむことではなく結婚なので;;

一人一人、割としっかりとプロフィールを入力しています。
そして、入力しているプロフィール項目はそのほとんどすべてを検索条件に入れることができます。


例えば、
28-33歳
1都3県在住
初婚(婚姻歴なし)
結婚後子供が欲しい
自分家族との同居を希望しない
お酒を飲むまたは嗜む程度
タバコを吸わない
宗教はない(強く信仰しているものはない)
活動中の会員のみ表示

といった条件で検索すると、1,400人近くの方が該当しました。
1,400人の方を一つづつすべて見ていくことは現実的ではないので、登録順だったり、年齢順だったり、最終ログイン時間順だったりでソートをかけて見ていくわけです。

・・まだ誰ともあったことがない状態で、希望に胸を膨らませ、たくさんの写真とフリーコメントを読み、お会いして見たい20人ほどにお見合いの申し込みをしてしまいました。

お見合い申し込みが受け入れられる可能性は10%程度(相談所の人情報)だそうで、であれば2人くらいかなーと思っていたのですが、新規入会時はNewマークがつくためか、10人程度にOKを頂いてしまいました。
あれです。新人さんハンターみたいな感じだそうです。夜のお店でもいるじゃないですか、そういうおじさん・・。

失敗の原因と教訓

要約
気になった人全員に、一気にお見合い申し込みをしてしまった。その後、想定以上のOKをいただきスケジュール調整で死んだ。

原因
舞い上がってしまったこと
初対面の人と連続で会う心労を舐めていたこと

教訓
興味があります機能を使い誘い受けを検討する。
優先度をつけ、一位グループの返事をもらってから次、といったアプローチを行う。
深夜は見るだけにして申し込みを行わない。

とはいえ、えこの人なんで彼氏いないの?みたいな魅力的な方ばっかりです。
一度賢者になる、のも選択肢かもしれません・・悲しい哉、それが男性というものなのかもです。

失敗② 新人&ブースト機能を舐めていた件

新人の時のメリット(可愛がり・・?)

会員登録したての頃は、”新人会員”&”プレミアム会員”という扱いになります。
ですが、私自身はそんなに申し込みがくることもないだろうと思い、お見合い申し込みは全て仲人さんのチェックなしで通していただくようにしていました。

新人会員の方は文字通り、新人さんコーナーに写真が載る、というただそれだけのもの・・ではありません。
もちろん、新人コーナー(過去7日間)に載ります。それはそれでインパクトが大きいそうです。
ですが、それ以上に、何かしらの条件で検索をかけ、登録順で並び替えた時にファーストビューないし上の方に掲載されるのが大きなメリットです。

しかも、新人のうちは頻繁にログインすると思いますので、ログイン順でも上の方に出てきます。その際、写真にはNewの帯がつき、他の方の写真よりも目立つ仕様になっています。

基本的に、アプリ上から見られる情報では、”いつ登録したのか”を判別することはできません。
相談所に登録してどれくらい経ったのかわからない・・もしかしたら1年以上婚活しているかもしれない人と、1週間以内に登録したことがわかっている人、さぁどちらと会いたいですか?という風に考えれば、新人人気も頷けるかもしれません。

ブースト機能?(プレミアム会員)

新人登録すると同時に、本来は有料であるプレミアム会員の無料体験もさせてもらえることになります。
プレミアムを体験するか選べる、というよりは、強制的にプレミアムになる、といった感じです。

プレミアム登録のメリットは4つあります。
クリティカルなものは、
・検索結果で、より上位に表示される
・お見合い成立されやすい人一覧に表示される
・みんなのフォトを閲覧できる
あたりでしょうか。

露出量が増えればクリック量も増えて、結果的に申し込み量も増える、という量の考え方です。
質は・・量が増えれば質が高いところもきっと増えてくるかと!

婚活サイト側の戦略としては、プレミアム登録することでお見合い申受件数を増やし、最初から躓かないようサポートする、四ヶ月くらいしてもうまくいかない人に再びプレミアム登録してもらうための下地を作る、などの思惑がありそうですが・・

失敗の原因と教訓

要約
新人登録効果・プレミアム登録効果をよく考えず、お見合い申し込みを全て自分で”お受けする/お受けしない”を判断するようにしたところ、3日で100件以上のお申し込みが来た。
お申し込みの中には、宗教家や20歳以上年上の方など、こちらの条件をがん無視したものも相当数あった。

原因
プレミアム機能を過小評価していたこと
仲人さんの助言(とりあえず年齢が希望街の人はこちらで却下しましょうか?というもの)を無視したこと

教訓
プレミアム機能は超すごい。真剣交際がうまくいかなかった時のブーストとして有効。
仲人さんの助言は真摯に受け入れること。基本的に味方なので。

失敗談まとめ1-2

失敗1:登録直後、楽しくなってしまいたくさん申し込みした件

要約
気になった人全員に、一気にお見合い申し込みをしてしまった。その後、想定以上のOKをいただきスケジュール調整で死んだ。

原因
舞い上がってしまったこと
初対面の人と連続で会う心労を舐めていたこと

教訓
興味があります機能を使い誘い受けを検討する。
優先度をつけ、一位グループの返事をもらってから次、といったアプローチを行う。
深夜は見るだけにして申し込みを行わない。

失敗2:ブースト機能を舐めていた件

要約
新人登録効果・プレミアム登録効果をよく考えず、お見合い申し込みを全て自分で”お受けする/お受けしない”を判断するようにしたところ、3日で100件以上のお申し込みが来た。
お申し込みの中には、宗教家や20歳以上年上の方など、こちらの条件をがん無視したものも相当数あった。

原因
プレミアム機能を過小評価していたこと
仲人さんの助言(とりあえず年齢が希望街の人はこちらで却下しましょうか?というもの)を無視したこと

教訓
プレミアム機能は超すごい。真剣交際がうまくいかなかった時のブーストとして有効。
仲人さんの助言は真摯に受け入れること。基本的に味方なので。