TVCM|ジモティー

この記事は約1分で読めます。

ダイレクトレスポンス獲得の成功事例として評判の高い、ジモティーのTVCMです。

15秒の中にサービスの特徴&社名の組み合わせを3回、サウンドロゴを印象に残しています。

2015年ver.

2016年ver.

2017年ver.

2018年ver.

easy考察

2015年ver:”タダでもらえる”ことにフォーカス
2016年ver:”譲る側”+”貰う/安値で買う側”の2面性を訴求
2017年ver:引き続き2面性を、”不用品/お宝掲示板”と呼称
2018年ver:コピーを”譲り合い”に変更

ジモティーと似たようなサービスとして、メルカリが存在します。
メルカリが、誰かに必要だが自分には不要なものを売りに出すフリマアプリであるのに対し、
ジモティーは自分に不要なもので誰かが必要にするのであればさしあげる、サービスです。

おそらく直近、ジモティーをフリマサイトとして使う人が増えている状況に対し、改めて、不用品マーケットとしての立ち位置を明確にするために、”譲り合い”という表現に変えたものと思われます。

まだ使えるけど誰か使いませんか?

そんな感じです。